【クリスマスギフト】
大切な人へ感謝のプレゼント!
アトピーあるある

ブログ運営で判明。アトピーを治す為の情報が『どれも同じなのは理由があった!』

こんにちはアトピー改善中のテンストです。

今回はいつものアトピーの体験談やレシピの記事とは違う内容で書いていこうと思います。

ネットでのアトピー検索

管理人も皆さんも同じだと思うんですけが、アトピーを治そうと思ったらまずネットで調べますよね。

検索例

・アトピー 治し方
・アトピー 食事
・アトピー 脱ステ
・赤ちゃん アトピー
・アトピー 保湿

たぶんこんな感じに調べると思います。
人それぞれ症状が違うので検索の言葉もいろいろあります。

検索すると答えの書かれたページがズラーッと無限に出てきます。
タイトルを見て『このページ良さそうだなー』と思ったらクリックして答えの書いてあるページの記事を読むと思います。

読み終わって自分の悩みが「納得・解決」したらそこで調べるのを終えると思います。

逆に「納得した答えがなかった場合はまた戻って他のタイトルの記事を探すでしょう。

アトピーの悩みの深さによって答えの探し方の深さも変わります。

例えば
アトピー症状が軽い人と重症で脱ステ(ステロイドをやめて治す治療)までしている人では検索の仕方も違うと思います。

簡単な例として

アトピーが軽めの症状の場合
答えのあるページやブログを何ページか見て納得して終了。

アトピーが重症の症状の場合
切羽詰まっているのでページをいくら見ても不安が消えずにいろんな違った答えを知りたいと思うはずです。

管理人も同じで、脱ステを始めた当初はゾンビ状態で苦しいので死に物狂いでネットを使って情報を集めていました。

 知りたい情報が得られない

ただ検索していつも思うのは
どれも同じような内容のページばっかりだな
もっと実体験している人の情報がほしいのに』ということです。
たぶん皆さんもあると思います。

例を挙げると、

「アトピー 治し方」でネットで検索したとします。
そうすると最初の方のページには企業や皮膚科のページがズラーッと出てきてアトピー当事者の体験談のブログなどはなかなか出てきません。
これは個人でやっているブログのパワーが弱く、企業等のホームページには勝てないので検索の最初の方に出てこないという理由からです。

今までは単にアトピー当事者の体験談ブログが少ないだけだと思っていたんですが自分がブログを始めて、ブログの勉強をするようになってやっと「いろんな要素が絡んでページ検索の順位が決まるんだ」とわかりました。

なのでアトピーの原理や治療薬の情報ではなく「アトピー当事者の体験談などは検索の最後の方に埋もれてしまう」ということがおこり、探しにくいのが現状です。

もちろんネットを何ページも探していけばいつかは見つかります。

ただ、「時間・疲れ」を考えた場合、1サイトづつ見ていって↓の画像で言う『次へ』をクリックして10ページ目まで行く人はなかなかいないと思います。

それにネット初心者の方や仕事で時間がなくて検索する暇があまりない方は調べる度に大体いつも同じサイトを見ている事が多いと思います。

ブログ運営で分かった アトピー記事の少なさ

先程も述べたように、「個人で書いたアトピーの記事はネットの中に埋もれてしまいます。」なので記事を書いてもなかなか読まれません。

そうなると『記事を書いても読まれないんじゃ意味がないな』となってしまって余計に体験談等のブログを書く人が少なくなってしまいます。

管理人も、『保湿はよくない』と言う記事を書こうと思ってキーワード検索や需要を見たんですが『アトピー 保湿』の時点で企業や皮膚科が最初の検索を埋め尽くしてしまうのでどうしていいか分からずに止まっています。
そういう事があるので、余計にアトピー治療等の情報が全部同じ方向に偏ってしまいがちです。

特に『医療・病気』関連の記事はそうなりがちです。ただこれには仕方のない理由があります。むしろ一部では正しいことなんです。

なぜ医療・病気関連は個人ブログが少ないのか?▼

医療・病気の検索

「医療・病気」での検索で特に皮膚科や企業が優先される理由は、間違った情報が検索の先に来てしまうと危ないからです。

 

例を挙げると
病気の治し方を検索した人が一番最初に出てきたページの治し方を実践したとします。
でもこのページの病気の治し方が間違っていたら大変です。
要は個人で書いた『体験談』などは治る証拠もないし全然間違っている情報の場合が多いという理由で検索の最初には出てきません。
確かにこれは必要なことです。特に「医療・病気」の場合は間違った情報で命に関わる取り返しのつかない事になりかねません。

アトピーや病気をネットでどう検索していけばいいのか?

上で書いたとおり「医療・病気」での検索順位は必要なことなので仕方ありません。

ただ、自分がアトピー・病気を治す場合にはどう検索していけばいろんな情報を得られるか考えなくてはいけません。

アテになるかはわかりませんが私の検索の仕方を書いていきます。(たぶん皆さんとそう変わらないと思いますが)

 検索時間を増やす

これは1番単純で1番効果のある検索の仕方です。

ネットの情報は多すぎてとても見きれません。
よくあるのが『アトピー完治』と検索をして↓の画像のように5ページ目までいって疲れたので検索を終了したとします。

そのページを消さずに残していれば良いのですが大抵は邪魔になるので消してしまいます。
何日か経ってもう一回検索する時にはどこまで見たかも分からずにもう一回最初から同じページを見てしまうという時間ロスをしてしまいます。

仮にどこまでのページ数か覚えていても『検索順位は常日頃から変わる』ので前に見た時と同じとは限りません。

なので私は、調べる時はなるべく一気に調べています。

 キーワードを変える

キーワードもかなり重要になってきます。
例えば大人のアトピーの場合『アトピー完治』と検索するのと『アトピー完治 大人』とでは出てくる情報もかなり変わってきます。

もちろん言葉を追加するほど、その情報に特化した記事を探せます。だけどその分、検索数は少なくなります。

難しいのは1度に期待した情報が全ては得られない点です。
アトピー完治 大人』で検索して答えが分からなかった場合は、例えば今度は『アトピー大人 原因』で検索をしてみたりという工夫が必要です。

これは完全に慣れで、ネット検索に慣れてくると大体関連した言葉がパッと浮かんできます。
なので検索に慣れていろんな角度から情報を集めることが大事になってきます。

 アメブロを活用(病気・アトピー検索の場合)

病気やアトピーで当事者の体験談や治し方を参考にしたい場合はアメブロ内で検索した方が良いです。
ただ普通に検索するとなかなか出てこないので『プロフィールから探す』の方を選んでから検索して下さい。

一応「メッセージを送る、」と言う機能も付いているのでやさしい人なら返信してもらえるかもしれません。
気になった人のブログは読者になるを押してみましょう。

お気に入りブログ

 mixi(ミクシー)利用(病気・アトピー検索の場合)

ミクシーは「病気・アトピー」の治し方別にコミュニティがあるのでより濃い内容の情報が得られるのでおすすめです。
会員登録をすると投稿に対してのコメントも読めるようになります。

管理人も脱ステを始めた頃はよく見ていました。
参考になる内容が多いので1度は見てみて下さい。

例えば↓の画像のようにアトピーでも治し方によってコミュニティーが違います。

アトピー以外の病気もコミュニティがすごい数あるので参考になるはずです。

アメブロ・mixiの違い

アメブロ
アメブロは基本普通のブログと一緒で投稿した人の記事を読むものです。

 

mixi
mixiはコミュニティーごとのタイトルがありそのテーマについてみんなで投稿しながら意見の交換をする場所です。
2チャンネルを、内容を濃くしてもっとマジメにしたような感じです。

 

 総合的に調べる大事さ

病気やアトピーを本気で治そうと調べるならやはり総合的にいろんな調べ方をするのは必須だと思ういます。

この記事で書いてきたように、ネットでいろんな検索をして知識をつけ、更には当事者の声が聞けるブログの体験談やmixi等を活用して情報を集めるのが私の中では一番だと思います。

面倒ですが病気やアトピーの場合、人によって症状も違い正解がないので1~2サイト見ただけではそのサイトの偏った情報しか得られずにあとで後悔することも出てきてしまうかもしれません。

この記事が少しでもネット検索の参考になってくれれば嬉しいです。

 このブログの紹介やオススメ 記事!

このブログでは
「アトピーを治すために試行錯誤している記事」
「ブログで生きていこうとする記事」
などを中心に書いています。

アトピーの記事は↓

アトピー完治はあと1歩!過去の私に教えたい《やってよかった・悪かった事》体験談・改善策私がアトピー完治の為にやってきた『よかった・悪かったこと』の体験談・改善の過程・期間をブログにまとめました。基本は薬を使わず食事・運動だけです。子供~大人までのアトピー経歴もまとめてます。...
30代、引きこもりの無職で辛いからブログ収入生活を目標に努力!収益公開こんにちはブログ歴7ヶ月のテンストと申します。 無職やニートになりたくてなる人はそうはいないと思います。 問題は、無職になっ...
《アトピーとドライヤー》患部を悪化させない私の乾かし方!気持ちいいは危険今回は【私が患部を悪化させない為に行っている乾かし方・低温ドライヤー】を記事にしました。アトピーで頭皮が荒れている状態にドライヤーを使うと患部に(かゆみ・炎症)が出やすいです。温風で頭皮が『気持ちいい・快感』という人は特に注意が必要です。...
ブログで暮らしを変える!30代パソコン初心者の貧乏脱出への挑戦こんにちは30代からブログを始めた(テンスト)と申します。 ブログって始めてみようと考える人は多いですが、実際行動に移す人は極少数...

 

 

「アトピー」まとめ

過去の私に教えたい!
やってよかった悪かったこと

アトピーを治す為にいままでできる限りの事を試してきました。

その中で『効果があったやめとけばよかった』をまとめた記事になります。

過去の私に教えたい
《やってよかった・悪かったこと》

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です