【クリスマスギフト】
大切な人へ感謝のプレゼント!
ブログの考え・やったこと

サーチコンソールに警告が!サイトマップのURLにアクセスできませんの対処法!

こんにちは、ブログ初心者のテンストです。

ブログ集客・検索エンジンでのSEO強化の為に使っているグーグルのサーチコンソール(Search Console )。まだ分からないことばかりですが毎日チェックしているので画面は見慣れたものです。

今日もチェックするかな、、、1件の警告。えっ、何だこれ?ペナルティとかのヤバイやつかも。

↑を見るとどうやらプラグインで入れた「XMLSitemap」のサイトマップ送信に関係がありそうです。

原因をもっと詳しく知りたいのでオレンジのが出ている『/sitemap.xml』をクリックしてページを進めてみると↓

問題の箇所に『URLにアクセスできません』と出ていて、画面右側にはHTTPエラー:404となっています。

ちなみに、URLを見てもなんの記事か分からない場合は↑の画像のHTTPエラー:404の下にあるURLをコピーしてネットで検索するとエラーのページへ飛べます。

このまま放置できないのでとりあえずネットで解決策を調べてみます。

サーチコンソールの警告『URLにアクセスできません』の原因

ワードプレスを使っている大半の人はプラグインで「Google XMLSitemap」を使用していると思います。勝手な予想、、

皆さん覚えているか分かりませんが、この「Google XMLSitemap」はサーチコンソールを登録する時に一緒に連携したと思います。

なので、それ以降サイトマップの再構築をしていないと今回のようなケースの原因になったりします。

勝手な憶測ですが、『昔作ったサイトマップ情報の中に現在ブログで使用していないURLURLを削除したパーマリンクの変更』などが含まれていたりする事が今回のエラーに関係しているのかもしれません。

私の場合はたぶん、記事投稿の時にURLの箇所を日本語のまま投稿し、後で気付いて英語(ローマ字)に直したのが原因じゃないかと思います.

『対策』XMLsitemapでサイトマップをもう一度作り直す

この問題を解決するには検索エンジンに新しいサイトマップの情報を送信する必要があります。

サーチコンソールは後でまた使用するのでページは開いたまま残しておいて下さい。

手順1
まずはワードプレスのダッシュボード画面に行き
『設定→XMLsitemap』と進みます。

手順2
↓画像の赤枠で囲われている『your mein sitemap and all sub-sitemap』をクリック。意味は(メイン・サブすべてのサイトマップを検索エンジンに伝える)という内容です。


クリックすると別窓で↓のような画面が出て、サイトマップの情報を再構築してくれるので完了まで10~20秒ほど待ちます。

完了したらダッシュボードでの作業は終了です。次は『警告』が出ていたサーチコンソールに戻ります。

手順3
サーチコンソールに戻り↓の画像の右上にある『再送信』をクリックします。

↓クリックすると、アイテムを送信しました。と出るのでその右の『ページを更新する』をクリックします。

すると↓画面は一緒ですが下の方に先程出ていた警告数というのが消え、代わりに『エラーの詳細:エラーは見つかりませんでした』という文字が出てきます。

ここまでくれば完了です。お疲れ様です。

保留が消えない時!

エラーは見つかりません、となってページを戻ってみると『インデックスに登録済み』の箇所が保留となっていました。

あれ、まだ終わってないの?と不安になりましたが10分後ぐらいにページを更新したら保留だった箇所が数字に戻っていました。

反映までに少しラグがあるんだと思います。

ただ、待っているだけでは保留は消えないと思うので必ずページの更新を忘れないで下さい。

放置するとペナルティになるの?

今回のような、悪質でもなく自然となっていて気づかないようなエラーは放置しておくとどうなるんでしょうか?

今回はたまたま気付いたようなものの、たぶん他にも気付いていないエラーがたくさんあるような気がします。

知らずにペナルティを起こしていたとなるととんでもないです。

これだけは気をつけたほうがいい!』『これは気づきにくい・忘れやすいエラー!』みたいなものがありましたら気軽にコメント欄で教えていただけると嬉しいです。

宜しくお願いします。

 

「アトピー」まとめ

過去の私に教えたい!
やってよかった悪かったこと

アトピーを治す為にいままでできる限りの事を試してきました。

その中で『効果があったやめとけばよかった』をまとめた記事になります。

過去の私に教えたい
《やってよかった・悪かったこと》

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です