【クリスマスギフト】
大切な人へ感謝のプレゼント!
肌の実験・考察

『アトピーが沖縄で治った』は本当にあるのかを検証!海水?食事?

こんにちはアトピー改善中のテンストです。

よくネットや掲示板で『沖縄に行ったらアトピーが治った』という書き込みを見ます。

想像すると何となく治りそうな要因が分かる気がします。

今回は「沖縄が何故アトピーに良さそうなのか」管理人なりに理由を考察していこうと思います。

アトピーが沖縄で何故治ったり・引いたりするのか

いろんな要素が合わさっての効果だと思うんで私が思う要因を書き出してみます。

太陽、日光浴
海水浴
食事の違い
ストレス解消、開放感

など、普段の生活とは違う部分も多いのでどういった理由でアトピーにいいのかを考察していきます。

「太陽・日光浴」の効果


沖縄に行くと景色もよく観光をしたりして外に出る時間が増えると思います。

なので紫外線による肌の変化が考えられます。
紫外線は長時間当たりすぎるとよくありませんが、当たらな過ぎもよくありません。

特に最近はTVで紫外線の怖さを強調しているので、一切太陽を浴びないという人も増えていると思います。

この斎藤 糧三先生の本病気を遠ざける!1日1回日光浴 日本人は知らないビタミンDの実力 (講談社+α新書)には日光浴がいかに大切かが書かれていて、「ビタミンDがアレルギー・アトピー改善に関係している」という内容も書かれています。

筆者は幼少からアトピー 性 皮膚炎に悩み 医師になってからも慢性的な鼻づまりがあり、春になる と、重度の花粉症を患うのが年中行事の ようになっていました。一方、幼少期から夏になって海に行く と、アトピー 性皮膚炎が 軽快することを経験 的に知っていました。 医師 に なってからも、休暇でビーチリゾートへ出かけると鼻づまりが軽快し、鼻抜けが良くなる経験を何度かしていました。

いずれにしても東京のような大都会よりも空気がきれいで あり、アレルギーの原因となる物質が少ないのが 理由だろうと思っていたのです が、2008年にそれがビタミンDによるものだという学説と 衝撃的な出合いをしました。

引用元:病気を遠ざける!1日1回日光浴 日本人は知らないビタミンDの実力より

普段から自然と当たっている人は分かりませんが、「管理人のように引きこもってしまって普段から太陽を全く浴びない生活をしている人には効果があると思います。

海・海水浴での殺菌効果

海に行ったらアトピーが引いてきたなんて聞いたことあると思います。

アトピーには黄色ブドウ球菌が関係しています。

ブドウ球菌は皮膚の常在菌ですが、アトピーで皮膚が炎症していたり傷口があると黄色ブドウ球菌が増えすぎて更にかゆみが増してしまいます。

海水浴をすると海水の塩分と太陽の紫外線による殺菌効果があり、黄色ブドウ球菌が減少するために一時的にアトピーが(引いた・治った)ということが起きるのだと思います。

 

食事の違い

沖縄といったら私達が普段たべない栄養価が高い「食品・食材」がいっぱいあります。
例えば

シークヮーサー
ゴーヤー
あぐー豚
うりずん豆(四角豆)
海ぶどう

どれも栄養価が高く、普通に生活していては食べる機会がないものばかりです。

なかでもゴーヤーとシークヮーサーはアトピーにもよく栄養価もずば抜けています。

ゴーヤ ー

ゴーヤーは『ビタミンCがレモンの3倍』もあり活性酸素による酸化を防いでくれるため肌にいいです。

食物繊維もセロリの30倍』あり、腸内環境を整えるのに一役買ってくれます。

(食物繊維は必要ですがとり過ぎると逆に便秘になってしまう場合もあります)

シークヮーサー

シークヮーサーはノビレチンとヘスペリジンが豊富で、アトピー改善に効果が期待できます。

ノビレチン
ノビレチンは発がん抑制・がん細胞増殖抑制・炎症抑制という効果が期待できます。
ヘスペリジン
ヘスペリジンは『ビタミンP』の一種で血流の改善・抗アレルギー作用の効果が期待できます。
ヒスタミンを抑える役割があるのでアトピー改善にも期待できそうです。

シークヮーサーはの生産は『大宜味村』が1番有名になります。

大宜味村は長寿の里としても有名で「長寿日本一宣言」をしています。

引用元:大宜味村観光ナビより

とくに「青切りシークヮーサージュース」が有名でシークヮーサーをまるごと絞ってジュースにしているようです。

ノビレチンやヘスペリジンも豊富なのでアトピー改善にも相性が良さそうです。

シークヮーサーは大宜味村が「生産量・消費量日本一」となっています。

ストレス解消・開放感

大人アトピーの原因で多いのが「ストレス」と言われています。

過度なストレスは免疫を下げてしまうのでアトピーには大敵です。

沖縄独特の開放感やゆったりと流れる時間』によりアトピーのことを考える時間が減る、というのがかなり大きいと思います。

私も修学旅行で行ったことがあるのですが地元の千葉とはえらい違い(千葉はいい所です)で、あの開放感・爽快感は今でも忘れられません。

できればもう1度行きたいのですが、アトピーが酷いのとお金もないのですぐには行けそうにないです。

ネットを見ていて羨ましかったのが
リゾートバイトです。「寮費無料・食事付き」で沖縄でアルバイトができるみたいです。アトピーがもう少し引いたら体験してみたいです。




リゾートバイトならアルファリゾート

↑沖縄どころか全国旅しながらバイトもできるみたいで、今の管理人からしたらうらやましく夢のような話です。

アトピーが悪化してからは完全な引きこもりになっているので、本当はこういった事に挑戦しなきゃいけないとはうすうす感じています。

生活が変われば何かが前進できそう気がするので。

沖縄に皮膚科はあるのか?

アトピーの人は皮膚科がちゃんと有るのかというのは気になるとこです。

さすがに都心などと比べると数は全然違いますが思っていたより皮膚科はあるようです。

ただ「地図で見る限り病院のある地域が偏っているため場所によっては通うのが大変なのかもしれません。

この地図を見る限りは、沖縄の下の地域に集中しているようです。

沖縄はアトピーが少ない

今回記事を書いてみて、沖縄にはそこでしか体験できないような効果が多いことがわかりました。

古い記事なのですが、「アトピー有症者が多い都道府県?」というランキングで沖縄が1番アトピー有症率が低かったというデータもあります。

アトピーはいろんな要素が絡まって発症していることが多いので「環境が変わるとアトピー症状もガラッと変わってしまうことも充分あります。

どうしてもアトピーの現状が変わらないという人は少し生活の環境を変えてみるのもいいかもしれません。

 

「アトピー」まとめ

過去の私に教えたい!
やってよかった悪かったこと

アトピーを治す為にいままでできる限りの事を試してきました。

その中で『効果があったやめとけばよかった』をまとめた記事になります。

過去の私に教えたい
《やってよかった・悪かったこと》

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です