【クリスマスギフト】
大切な人へ感謝のプレゼント!
肌の実験・考察

酒で『肌がきれいになる』or『肌荒れ』どっちか20日間実験!かゆいアトピーの変化は?

こんにちはアトピー改善中のテンストです。

お酒を飲むと肌荒れ(かゆみ・湿疹)が出るというのはよく聞きます。

その逆で少数意見ではありますが、お酒を飲むと肌がキレイになるというのも聞いたことがあります。

管理人はアトピー肌で特に(顔・首)のかゆみや炎症がひどいです。

今回は思い切って
20日間お酒を飲んでみて肌にどういう変化があるのか?」を検証してみました。

何故飲酒を始めたのか?

何故始めたのかと言うと、理由は2つあります。

飲酒量と死亡率

よく、「お酒を少量飲んだほうが長生きする」というのを聞いたことがると思います。

厚生労働省のホームページを見ると分かるんですが、こんなグラフがあります。↓

このグラフを見ると分かるんですが、「お酒を飲まない人より、少量飲む人の方が死亡率が低くなっています。

管理人
管理人
管理人は(アトピー悪化・肌荒れ・かゆみ)が怖く、ここ何年かはお酒を一切禁止にしていました。ですが上記のグラフを見て『少しは飲んでみたほうがいいのかな?』と気になりだしたのがキッカケです。

血管拡張による血行改善

管理人は特に顔周辺のアトピー・肌荒れがひどく、普段から『血行不良なのかな?』と考えていました。

血液は栄養や酸素を運んでくれるので、血行不良になると肌荒れの原因にもなります。

管理人
管理人
もしや管理人の荒れた顔も血行不良が原因のひとつじゃないのか?』と気になりだしたのもお酒を試してみようと思ったキッカケの1つです。

 

このような2つの理由と、性格上『1度は試してみないと後悔するかも』という管理人の暴走企画です。

お酒で肌は(きれいに・肌荒れ)どう変化したのか?

お酒の開始日:4月20日
このブログを書いている日:5月11日
(諸事情により2日間だけ飲めない日がありました。)

お酒の種類と飲み方

お酒の種類
糖質制限もしているのでお酒の種類は糖質がゼロの焼酎を無糖の炭酸水で割って飲んでいました。

チューハイなどを飲んでしまうと、砂糖や果糖が多くるので、「砂糖」のどっちでアトピー悪化したかが分からなくなってしまうので焼酎だけでの実験です。

飲み方
夕飯の時にご飯と一緒に飲みました。
一回に飲む量はコップ2杯分(400ml)前後になります。

管理人のお酒の耐性
耐性:かなり弱い(最弱レベル)
肌:すぐに赤くなる

 

補足:肌の周期やターンオーバーを考えると今回の20日では実験日数としては少ないですが肌の(良い好調・悪い好調)ぐらいの変化は分かると思います。

ちなみに30日はやろうと思うので現在も進行しています。

 

自分がお酒に対して「お酒が強いか、弱いか、飲めないか」そして「飲酒により健康への影響が高いか」を調べられる『アルコール感受性遺伝子分析キット』なんかも出ているようです。

採取の方法も頬(ほほ)の内側を綿棒でこするだけなので『自分がお酒を飲んで健康の被害は多いのか?・少ないのか?』分からない人は検査してみて不安を解消するのもいいと思います。

お酒「1日目」

かなり久々のお酒ということもあって楽しみの反面『かゆみ・蕁麻疹は大丈夫か』などの不安が頭から離れません。

飲んでみると案の定みるみるうちに体・顔が熱くなってきました。肌の色も(顔・胸・肘の内側)が真っ赤です。

ただ予想に反して体は熱くなるだけでかゆみや湿疹がひどくなるみたいなことがなかったです。(部分的なかゆみはありました。)

管理人
管理人
「蕁麻疹も出るんだろうな~、」と予想していたんですが特になりません。これには驚きです。

(咳・鼻水・くしゃみ)のようなアレルギー反応も大丈夫なようです。

ただ顔と首に関しては『元々アトピーもひどく乾燥や傷も多いため、ある程度のかゆみが生じました。』やはり肌が未熟な箇所はかゆみが出てしまうようです。

1日目まとめ【肌の変化】
久々のお酒で不安もありましたが、思ったよりはかゆい場所が少なくてよかったです。ただ、アトピーのひどい顔と首はきつかったです。

体も熱くなり血液が全体にいきわたった感じがしたので少しでも肌の改善に役立ってくれていることを期待します。

1週間(7日目)

7日間経過しました。

1日目では全然耐えれるほどのかゆみでしたが7日も行うと、「日によっては顔と首がかなりのかゆさになる日もありました。

体のかゆみは全然大丈夫なレベルです。7日間も飲めば蕁麻疹も出るだろうと思っていましたが未だに出ていません。

管理人
管理人
体と首を比較するとやはり『傷や肌が出来てない所がかゆくなりがちです。

7日目まとめ【肌の変化】
肝心の肌の経過はというと、体は日によってぶつぶつもできたりはしますが基本今までどおりで変化なしです。

顔と首は結構掻いてしまっているため1週間前より若干悪化気味です。

20日目

さすがに20日も経つとお酒に慣れてきて夕飯に飲むのが当たり前のようになってきました。

管理人
管理人
初日のような飲む前の不安や緊張はありません。

相変わらず、皮膚の出来ている体はお酒を飲んでもたいしたかゆみは出ません。

アトピーのひどい顔や首は、やはりかゆみが強く出てしまいます。

管理人
管理人
ただ、お酒を飲むと血行も良くなって、リラックスもできるので「良い悪い」の判断が難しいです。

20日間まとめ【肌の変化】
20日間やってみて目立った肌の改善はありませんでした。

ですが恐れていた(アトピー・肌荒れ)の悪化がなかったのが1番の収穫です。(飲んだ時の一時的なかゆみはありますが、)

顔や首に関してですが、お酒を飲んだときにはかゆくなりますが、肌自体の悪化はとくになく、お酒を飲む以前と変わらないので、もう少しお酒を続けてみようと思います。(もちろん少量でアルコール中毒にならない程度にです。)

まとめ:飲酒時の「かゆみやアトピー・アレルギーレベル」が知れてよかった

見切り発車で始めた今回の企画ですが、「飲酒時のかゆみレベル」が知れたのでやってよかったと思っています。

管理人
管理人
20日間続けても新しい(アトピー・肌荒れ)の悪化がなかったのがすごい貴重な体験になりました。

今回の体験でお酒を飲んでも急な悪化が無いことが分かったのでこれからは飲みたい時には飲んでも大丈夫そうです。ここ何年間も禁酒をしていたのがもったいなく感じています。

注意したいのは、今回の結果は、「お酒の(強さ・弱さ)」「アトピー・肌荒れの状況」によって変わると思うので参考程度にしてくれるとありがたいです。

管理人
管理人
実際に管理人もアトピーのひどい(顔・首)はお酒を飲むとかゆさが増していたので、場合によっては飲酒で悪化してしまう事もあると思います。

今は飲酒開始から20日ですがとりあえず30日間ほどはやってみようと思うのでその時は肌の変化を追記でこの記事にまた足していきます。

 

 

「アトピー」まとめ

過去の私に教えたい!
やってよかった悪かったこと

アトピーを治す為にいままでできる限りの事を試してきました。

その中で『効果があったやめとけばよかった』をまとめた記事になります。

過去の私に教えたい
《やってよかった・悪かったこと》

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です